理研式崩壊試験器Djp・usp・ep準拠

薬科機器

(上下運動数可変型)

JP・USP・EPの規格に準拠しています。

温度精度、回転精度、再現性等の信頼性が高い試験器です。

HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型)

HMP-41D

(容器数×4)

特長

  • 優れた温度精度

    PID制御で、37±0.5℃以内の高精度の温度制御を実現しています。

  • 上下運動数を任意の速度に設定可能

    (上下運動数可変型)
    フィードバック制御で、上下運動数は電圧の変動の影響を受けずに安定しています。

  • 便利な積算時間計

    バスケット毎に積算時間計を装備しています。
    運動中にバスケットを引き上げ少し左に振ると上部で停止し、積算時間計も停止します。

  • 安全対策も万全

    漏電ブレーカー、温度過昇防止器、空焚防止装置等を装備して、安全対策も万全です。

仕様

HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型) HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型)

標準付属品

HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型)

オプション(シングルバスケット法に適用)

HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型)

価格表

HMP-41D 崩壊試験器D(上下運動数可変型)